未完放流

終わりなど無い、有るのは試練だけだ……

数式を気軽に書ける環境を求めていたら Boostnote が良さげ

個人的に PC で困ることの一つに数式の入力があります。 数式と言えば、\TeX という時代が長く続いていました。 Office などに数式入力がありましたがイマイチ。

idwonder21.hatenablog.com

ここ数年、markdown + TeX (数式のみ) で書くのが一番効率が良く気に入っていたのですが、 TeX 環境を整えて pandoc に通していたので環境設定が大変。 ナンダカンダ言ってPCが時々入れ替わったり執筆を長く中断せざるを得なくなると TeX Livepandoc の使いかたを忘れて再開作業のために時間がとられるということを繰り返しておりました。

idwonder21.hatenablog.com

数式入りの markdownレンダリングしてくれる環境が増えてきたので、 ひょっとしたら vim-keybind ができて且つリアルタイムなものがあるのでは と思っていたら ……? ありました!!

boostnote.io

インストールも簡単で他にソフトを入れる必要もないので 数式を使った文書を手軽に作りたい場合にはお薦めです。

続きを読む

Ubuntu 18.04 LTS で OpenSSL を使ったプライベート認証局&証明書を作る

触れることは無いだろうと思っていた SSL ですが、 LAN 内であっても Web Application が https 化しないと動いてくれない時代になったので仕方なく調べました。 メジャーな技術なので資料は豊富ですが、 玉石混交というか数を読み込まないと分からないことが多かったです。 コマンドをコピペしてOKと言う具合にはいきませんでした。

調べていて気になったところ

  • CA スクリプト: プライベート(オレオレ)認証局のためのヘルパースクリプト 試したが完全には動かなかった。 現在は動かないかもしれない。 メンテの状態が怪しい。 sh 版と perl 版が存在するが、現在は廃止されているオプションを使用している可能性。
  • シンプルな自己署名証明書は使えない: 警告が返ってきたり、Chrome では事実上 SAN (subjectAltName) が必須。 近年では地味に一番痛い変更だったかも。 認証局も必須になる場合もあった。
  • 拡張子が変わった: 公式マニュアルなども pem という拡張子で説明されているが、 現在は key, csr, crt などを使う方が一般的では?
  • OpenSSL のコマンド: 挙動が複雑かつ多機能。 証明書の作成以外のこともできたりする。 分離して別のソフトにしても良い気もする。 同じことでも複数の方法があったりする。 実は暗黙?に設定ファイルを参照している。

本稿の方針

個人がLAN内でSSLサーバ証明書が必要なソフトウェアの動作検証することを目的としております。 サーバーとクライアント(web ブラウザー)から文句をとりあえず言われないというレベルです。 会社など複数人が関わる運用を前提としておりませんので、Permission の設定などには触れません。

使用するコマンドの見た目は、できるだけ簡潔にがモットー

確認環境

  • ( Ubuntu 16.04, 18.04 LTS or Linux Mint 19.1 ) on ( LXC/LXD, WSL or 実機 )
  • OpenSSL version 1.1.0g
続きを読む

Ubuntu 16.04 LTS で node.js を NodeSource 社のレポジトリからインストール

JupyterHub in LXC が便利過ぎて、公私ともども LAN の中に乱立しております。 いつも通り Ubuntu 16.04 に JupyterHub を立てようとすると、関連する node のソフトから node.js が古過ぎるとエラーが返ってきました。 問題自体はバージョンアップで解決しました。

今回使用した Node.js 公式バイナリを配布するサイトが素晴らしく、Ubuntu だけでなく Redhat 系へ、snapcraft にまで対応していました。 snap を使えば、deb, rpm に対応しない Arch Linux のようなディストリビューションへのインストールも可能です。 各バージョン(執筆時点で 6 から 11)があります。 かなり広い範囲をカバーしていると言えるのではないでしょうか?

続きを読む

VPN を使おうとして2019年初に調べたこと

仲間内で「VPNがあると便利かも?」という話になり、年末年始に調べました。 これまで Packetix しか使ったことがなかったのですが様々な方法があると知りました。

小規模ネットワークで、個人で負担できる手間とコストという条件で調べたところ、 以下のような表にまとまりました。 ブラウザの表示に制限があるため、省略した言葉で表記しております。 実際の数値は構成などで変化しますが大まかな傾向は示していると思います。

続きを読む

Surface Pro 2 のおもひで

Surface Go が日本だけ高いと話題になりました。Office が必要ないという方が多かったようです。 pc.watch.impress.co.jp

私は逆にOffice が欲しかったために Surface Pro 2 を買った口ですがが、そろそろ逝ってしまいそうです。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4037654/surface-surface-pro-2-features

バックアップも取れ代替マシンも入手し移行も何とか終わったので、 内容は批判的かもしれませんが感謝を込めて感想と思い出を記録しておきます。

購入時期は前回の消費税増税前(2014年3月末 5 から 8%)に駆け込みで買ったものなので使用期間は 4年3ヶ月になります。 「自分に本当に必要だったのか?」と問われたら「ちょっと、違っていたかも」と答えるかもしれません。

続きを読む

1990年代後半から2018年現在までの CPU & GPU の関係の移り変わり

ガチ開発している人向けの話ではないです。どちらかというと個人・アマチュア向けだと思います。

japan.cnet.com

CNET の記事を見て CUDA 周りで知らないライブラリや技術があったので整頓しようと思い、 関連しそうな過去の資料(雑誌など)を探し何冊か読み返してしまいました。 CUDA を軸に90年代後半から2018年現在に至る計算環境の遷移を俯瞰するのも面白いです。

AWSを始めとしてリソースを借りることも一般的になりましたが、実物でも取り扱えるよう概要ぐらいは抑えておきたいです。

続きを読む

税務署にて思ったこと

確定申告の期間は過ぎましたが、税務署にて思ったことを書き留めておきます。

ブログで確定申告といえばアフィリエイトの利益を申告と思われるかもしれませんが、 まだ儲けは1円もありません。

実際にはショボい理由(投資損、ふるさと納税)で確定申告をして参りましたが時間が異常にかかることだけが印象に残ります。 半休必須です。

私の職場は、時間の融通が利くのでまだ良いのですが、世の中には厳しいところの方が多いので他の方はどうしているのか心配になります。 e-Tax*1 の利用が多いのでしょうか?

働き方改革」もよりも、先に解決するべきは、こういったお役所仕事の効率化ではないのかと思います。

複数の証券口座を持っていると、例えば一つの会社で益が出て、別の会社で損が出ている場合、確定申告しなくては損をします。 源泉徴収無しの特定口座では自己申告しない限り損益の相殺もされません。 昨今では証券会社にマイナンバーの提出は必須だと思いますし、ふるさと納税も分かり易いお金の移動だと思うのですが何故自動化されないのでしょう?

*1:

2017年03月25日の感想として、ページも busy で私には分かり難いです。

www.e-tax.nta.go.jp

続きを読む