未完放流

終わりなど無い、有るのは試練だけだ……

Kaoriya Vim 8 on Windows 10 で dein & denite を使う

Vim の進歩も速すぎてついていけません。

そもそも Vim の標準機能も何割知っているのかも怪しいのですが……。 本などを読むとどこまでが標準なのかすら判断もできません。

そんな私もKaroiya Vim 8 on windows 10 で dein と denite が使いたいと思い手順をまとめました。

続きを読む

TeX用・Markdown用の現代的なエディタを求めて三千里

もう疲れたよパトラッシュ。世の中の進展が速すぎるんだ。 オッサン、もう着いていけない。

idwonder21.hatenablog.com

長文を書く環境として検討していたのですが、 メインは結局Vimに帰ってしまった。 全く使いこなしていないのだけど、自分の中で原点にして頂点みたいになっている。

続きを読む

オッサンがTeXを10年以上ぶりに調べてみた

数式も使用する長めのレポートの作成を検討。

当然のごとく\TeXを使いたいのだけど幾つか選択肢が出てくる。 時流から言えばクラウドサービスを考えるべきだろうが、パスワード漏洩などによる脆弱性が怖いと思う出来事があったので除外。

当然ローカルに入れようと思い、最近のTeXはどうなんじゃろ?調べたらと竜宮城から帰ってきた浦島太郎状態。

続きを読む

最近の Microsoft Account の謎

Windows 10 をお使いの方ならご存じでしょうが、Microsoft Accountというものがあります。

Microsoft が提供するサービスを一元的に管理してくれて便利なのですが、Visual Studio Community をインストールすると奇妙な現象に遭遇することがあります。

続きを読む

愚か者にとって老年は冬である。賢者にとって老年は黄金期である。

ユダヤ人の格言です。面白いですね。

toyokeizai.net

記事に表れる方々は黄金期ではなさそうです。

また予想通りコメントが荒れています。 中には若者もキレ易くなったなど指摘がありますね。 しかし今回は老人に焦点を当てましょう。

さてタイトルに引用した格言ですが、ごく当たり前ですね。 知識のある老人は歓迎されることは想像に難くありません、愚かな老人が歓迎されないのも当然です。

老いても賢者は謙虚に学ぶ姿勢があると思います。

例えば、

若者「おじいさんは賢いですね、どうしたらそのようになれるのですか?」

老いた賢者「全然賢くないよ、まだまだ学ぶことはいくらでもある」

というような問答になると思います。

ま、自称:賢者なんて誰も信用しないでしょう。

この格言の個人的な解釈ですが、若者には老年になって尊敬されるよう恥ずかしくない知識を身に着けることの重要性と、 暗に老いても学び続けることの大切さを説いている気がします。

現在はネットの普及により知識の面で不利だとの指摘がありましたが、 本当の修羅場を乗り越えている老人の知恵はネット検索程度では及ばないぐらいの妙手を授けてくれます。

まとめ

コメントの荒れ方からして嫌われているのは事実と捉えた方が良いでしょう(釣りっぽいのもありますが……)。 日本は儒教的な道徳観の強い国ですので、それなりに理由があるということで。

逆に世界で老人を敬わない文化ってあるんでしょうかね?

Microsoft 版 RStudio ? R Tools Visual Studio (RTVS) が VS2017に対応

以前から試してみたいと思っていたMicrosoft 版 RStudio ともいうべき、R Tools Visual StudioVisual Studio 2017 に対応しました。 先ほど気が付いたので駆け足でレビューします。

日本語の紹介ページを見ても分かりますが、主要な機能はそろっています。 ユーザーインターフェースの好みとか、日本語入力で苦労したくない Windows ユーザーは乗り換えを検討しても良いかもしれません。

www.visualstudio.com

最近の microsoftオープンソースへのサービスっぷりは心配になるくらい太っ腹ですね。

続きを読む

氷河期世代の私に役に立ちそうな本(自己啓発系・マネジメント・古典など)を読み比べてみた

氷河期世代の記事を書いていて、色々思うところがあり普段読まない分野の本を読んでみました。 「自分がやってきことと似た方法を誰かまとめていないか?もっと良いやり方はないか?」と思ったのがきっかけ。

結論としては自己啓発書の類は個人で解釈して実践するのは良いが他人に安易に勧めるべきではなく、 逆に万人に勧めても問題が少ないのは古典ではないのかと思いました。

続きを読む