読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未完放流

終わりなど無い、有るのは試練だけだ……

Windows の大型アップデート後、 VMware player 上の Guest OS からネットにつながらない時の対処法

今回のCreators Update を適用した後、 VMware Workstation player などで稼働している guset OSのネットワークが接続できなくなっていると思います。

ちなみに前回 Anniversary Update でも同様の問題起きました。

この記事ではその対処法を紹介します。

原因

VMware player をブリッジ接続は仮想アダプタから物理アダプタにつなぐ操作をしています。 詳細な理由は分かりませんが、Windows Updateをした際、物理アダプタの設定が初期化されることがあるようです。 今回のような大き目のアップデート後に起きること多いようです。

対処法

手動で設定する方法です。

  1. Cortanaさんに「イーサネット」と聞きましょう 多分、「イーサネット設定を変更する」を候補に挙げてくれます。これを選択。
  2. ウィンドウの右側に表れる「関連設定」の「アダプターのオプションを変更する」を選択。
  3. 実際のLANに接続してる物理アダプタ「ローカルエリア接続」など書かれているを選択しプロパティを開く。
  4. 「インストール」を選択、「サービス」を選択し「追加」を押す。
  5. 製造元「VMware Inc」、「VMware Bridge Protocol」を選択。
  6. Windows を再起動する
  7. Guest OS を起動する。ネットに接続できるはず。